行政・自治体の方へindustry

  1. 行政・自治体の方へ

住民サービスが地域発展のカギとなる

もう迷わない!利用者が使いやすいホームページ

自治体におけるホームページの役割は、「必要な情報を必要な時に分かりやすく提供すること」が一番重要な点ではないでしょうか。

しかし行政・自治体のサイトの現状は、サイトに一貫性がなく、情報が探しにくい状況が見うけられます。
また発信する情報量の多さから作成者側の負担軽減も大きな課題です。

利用者にとってより使いやすいホームページの提供と、それを維持していくための仕組み作り、つまり誰でも簡単な操作で情報発信を行えることが何よりもポイントとなります。

そこで、ホームページ更新がスムーズに行える「IamCMS(アイアムシーエムエス)」を導入し、情報配信にかかる負担を最小限に抑えたホームページ運用を行いましょう。

もう迷わない!利用者が使いやすいホームページ

ユーザビリティに配慮したサイト構築を行ないます

一貫したデザインナビゲーションが実現することで、膨大な情報量であってもページの統一感が生まれ、利用者がサイト内を迷うことなく情報の閲覧ができます。
アクセシビリティを十分に考慮したデザインや操作性に合わせて、階層の浅い構造なので情報が探せないという不安も解消されます。
サイトの使い勝手や情報の探しやすさを追求した、利用者のことを考えたサイト構築が可能になります。

ホームページ担当になってしまった不安もIamCMSで解消

スムーズな情報発信で、業務負担を最小限に抑えます

ホームページを作成したのはいいが、更新が面倒で他の業務に影響が・・・こんな心配も「IamCMS(アイアムシーエムエス)」を導入すると解決します。
「IamCMS(アイアムシーエムエス)」はHTMLなど専門的な知識や専用ソフトは必要ありません。インターネット接続環境から、ワープロのような高機能エディタで、直観的な操作によってホームページが更新できます。担当職員のコンピュータスキルに依存しないので、人事異動による引き継ぎの不安も解消します。

ユーザーグループ管理で、作業を分担!

グループや各課ごとに使える機能や編集できるページを制限できます

行政や自治体のように複数人での更新が行われる場合でも、各課毎に編集できるページや使用できる機能を制限することもできるので、担当者は自分の作業に集中することができます。編集権限や編集可能なコンテンツの割り当てが担当課毎に設定できることで、更新業務を効率的に分担できます。
またサイト公開の権限を持つ管理者や実務担当者など、それぞれのレベルに応じた公開に伴うワークフローの実現によって、組織的なサイト運用が実現します。

ニュース・トピックス配信で常に新鮮な情報を住民へ

更新頻度が高く、情報の発信が多いホームページは検索結果に表示される頻度が高くなります。
ニュースやトピックスを更新することによって、自動でRSSフィードの配信も行われ、ホームページへのアクセスがアップします。
行政や自治体では、各課毎のニュース配信を集約させコントロールすることで効果的な活用が可能になります。

業務時間外の作業は必要ありません!

公開期間の設定で、効果的なページ更新を

公開期間に応じて自動表示・非表示が可能なので、公開期限が過ぎたページのメンテナンスを忘れがちな担当者も安心。
これでページを公開するために休日出勤することもなくなります。

住民サービスの向上にはホームページを有効活用

住民のニーズには的確な対応を。コスト削減も重要なポイント

自治体のホームページは高齢者や障害者、外国人などさまざまな地域住民の利用を想定し、これらの多様化する住民のニーズに応えるために、さまざまな工夫が求められています。
一方では、地方財政の圧迫による業務の効率化やコスト削減が重要なポイントとなっており、ホームページの構築や運用コストをいかに抑えることができるか、「IamCMS(アイアムシーエムエス)」を有効的に活用したホームページによって、運用にかかるコスト軽減を図り住民サービスの向上に努めましょう。

行政・自治体のお客様ホームページ構築事例

豊見城市

豊見城市

ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち 豊見城市のウェブサイト。お客様が自身で更新できるCMS「IamCMS」を導入し、利用者(市民)にとって、探している情報が見つけやすいサイト設計を意識して構築しているほか、自動翻訳システムの導入による他言語対応も実現しています。

金武町

金武町

海外雄飛の里 心豊かな明るい健康文化のまち金武町のウェブサイト。制作にあたり、お客様ご自身で更新できるCMS「Aja Compact」を導入しています。利用者(村民)が探している情報に辿りつきやすい導線設計を心掛けてサイト構築しているほか、自動翻訳システムの導入による他言語対応も実現しています。

まずはお問い合わせ・資料請求から ご相談、料金のお見積りなど、お気軽にお問い合わせください。
ページのトップへ